読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他の人を愛しても他の人でしかありません

嵐ファンの男子大学生が書くブログだよ!

就活の時に使っていたサイト

ninsk21.hatenadiary.jp

 

前回は就活の流れを書いたので、今回は私が就活をしていた時に使っていたサイトを書こうと思う。

 

 

・リ○ナビ、マイ○ビ

「就活サイト」と聞いてまず最初に頭に思い浮かぶのはこの2つではないだろうか?

どちらも就活をする上では避けては通れないサイトである。企業にエントリーしたり、企業と連絡を取ったりするのに使う。他には企業のマイページにログインする際に、これらのサイトのIDと紐づけてログインすることが出来る。こうすることで企業ごとにIDとパスワードを管理しなくて済むのだ。

この2つのサイトは好みで使い分けて構わないのだが、私はマイ○ビの方が好きだった。なぜかというと、UIがリ○ナビと比べると洗練されていたのと、企業のマイページにログインする際に操作が少なかったからだ。

これらのサイトに登録してすぐの頃は喜んで、「まとめてプレエントリー」のボタンを押す就活生も多いと思う。だがしかし、このボタンを押すのは止めておこう。全く興味のない福祉・飲食業界からの求人メッセージが止まらず、本当に大切なメッセージを見落としそうになった、という筆者の経験に基づくものである。

 

・キャリ○ス、ブン○ビ

これも上に書いた2つと同じようなサイト。キャリ○スは金融系に強くて、水色銀行なんかはここのサイトを通さないとエントリー出来なかった記憶がある。真偽は曖昧ですww

ブン○ビはESの締め切り一覧が見ることが出来るので、ESの期限の管理や、興味のない企業のエントリー締め切り状況を把握するのに役立つ。興味のない企業でも、期限を見て余裕があればESを提出したりしていた。

 

・レク○ー

意識高い人が使う(イメージです)就活サイト。ここが主催する合同説明会に参加した際に強制的に登録させられたが、それ以降使った記憶は無い。学歴で説明会に制限をかけていて、排他的なサイトというイメージが強かった。実際に「高学歴向け」を謳っている。

社員のインタビューなどが充実している、という特徴がある。

 

・ワンキャ○ア

このサイトは有名企業への就職を考えている就活生がいれば、登録することをおすすめする。五大商社やマスコミ、メガバンクなど人気企業対策レポートなどが充実している。

ESや選考体験レポートの質が他と比べると高かった。コラムは有益な物はそれほど多くなかった。登録の際に大学のメールアドレスが必要だが、それに見合うだけの価値がある。

 

・日経テレ○ン

日本経済新聞の過去記事データベース。これは大学が契約していて、大学のサーバーを通して見る形式。面接前に企業名で検索して、該当する記事を読むだけで面接対策になる。

 

・2c○

言わずと知れた有名匿名掲示板。ある意味生の声が聞ける貴重な場所だと考えていた。

ただ嘘も多いので話半分に…

 

 

今思い出せる限りではこれくらいでした。

次は企業ごとの選考体験を軽く書いていこうかなと思ってます。

質問などあればコメントでもTwitterのDMでも構わないので、気軽にどうぞ。

答えられる範囲で回答します。