他の人を愛しても他の人でしかありません

嵐ファンの男子大学生が書くブログだよ!

ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?の感想 ~前編~

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。

2017年が始まりましたね。

 

突然ではあるが今回はツアーが無事終わったということでAre You Happy?の振り返りをすることにする。2016年から2017年にかけて行われた五大ドームツアー。「学生最後ということで五大ドーム全てに参戦しよう!」という熱い意気込みを持って乗り込んだのだが、途中体調不良で名古屋に参戦することが出来ず悔しい思いをしたが、それ以外の会場には赴くことが出来て計7回コンサートに参加出来て満足だった。そして会場で会ってくれた全ての人たちのも感謝である。こんな私と会う時間を作ってくれてありがとう!!良い人ばかり!!

 

今回のツアーは過去のLOVE、The Degitalian、Japonismといったコンセプトがはっきりしておりそこに忠実に寄り添ったコンサートとは異なり、おもちゃ箱のようなコンサートだった。かっちり型にはめるのではなく、その場のノリやグルーヴを楽しもうぜ!が根底にあった。ここ数回のツアーがドレスコードがあって着飾って行くレストランだとしたら、今回は普段着で行くいつものレストランという印象である。

ここからは音源を聞きながらセットリスト共にコンサートを振り返っていくことにする。

 

0 OP

コンサートが出来るまでの過程をドキュメンタリータッチの白黒映像が流れる→SEと共にメンバーの映像が流れる→1曲目のイントロを演奏しながらマウントブラスが登場という流れ。札幌のみ発言に字幕が無く、声が聞き取りづらい箇所が多かった。いつもよりOPが長く少しだれた印象を札幌(特に初日)では受けたが、字幕を付けて以降はそのような感じも薄れて、コンサートに向けての期待感を高める良いOPだったと感じた。最初に嵐が出てこないというのも斬新なアイデアのように思う。初日ににマウントブラスが先に登場した時、嵐と勘違いして大歓声が沸き起こったのには今でも笑う。

 

1 Ups and Downs

爽快感溢れる曲でコンサートの幕開けにふさわしい選曲。メンステ上段でそれなりに踊っていた。サビ前の「ふたつとないアトラクション」と「ふたつとないシーソーゲーム」で後ろを向いてピースをする振り付けが個人的に最大の見どころ。かわいかった(笑)好きな曲がOPに来てこの時私のテンションはUPUPUPだった。初日のレポで「Up and Downs」としてしまう痛恨のミスを犯して恥ずかしい限りである。

 

2 supersonic

カップリング枠が2曲目に来るとは…I sayがセトリ入りすると考えていたからイントロを聞いた時はとても驚いたのを今でも覚えてる。アリツアで使ってたもん…

これもメンステで踊っており、歌っていないメンバーが踊るタイプの振り付けだった。キメに行ってる嵐のかっこよさがあった。

 

3 I seek

メンステからバクステまでムビステを使って移動しながら踊っていた。曲に入る前に新しくインストが少しではあるが追加されていた。ムビステに付いている照明の光が目に入ってメンバーが見にくい席があったのだが、今後のコンサートでは改善して欲しいと切実に願う。

 

4 Oh Yeah!

聞き飽きた感は否めないものの、やはりコンサートでは盛り上がる定番曲。Cメロでムビステから降りてフロートに移動するのだが、その際にスタッフからドリンクやタオルを受け取る姿がただひたすらにかっこよくて、いつもそこに注目していた(笑)

 

5 Love so sweet

フロートに乗って外周を半周してメンステへ移動。「伝えきれぬ愛しさは~」で松潤とにのが手を取ってじゃれ合うのがお決まりになっていた。

 

5.5 挨拶

いつも実は楽しみにしている最初の挨拶。メンバーそれぞれがお決まりのセリフを持っているけど、それを聞くとコンサートに来たって感じがする。Japonismのオーラス辺りからだろうか?翔さんが男性と女性でコールアンドレスポンスをするようになったのだが、これはこれからも続けて欲しいものである。野太い声を聞いて少しうれしそうな顔をする翔さんを見られると私もうれしい。大阪2日目で松潤が「大阪」を「東京」と言い間違えてた。どんだけ東京好きなのよww言い慣れてるんだろうね…

 

6 Sunshine

翔さんのソロ。曲調通り爽やかな仕上がり。初日に見た時は物足りなさを感じたが東京から追加された間奏でのアクセントダンスでそれも解消された模様。この時のダンスを練習する姿がOPのドキュメンタリーに収録されていた気がする(確かではないが…)時間が無く出来なかったのだろうが、同じチケット代金なのだから初日からダンスをして欲しかったと思ってしまった。

 

7 To my homies

各々の立ち位置でラップをして、最後のサビでメンステに集まる。自担がラップしている姿を見るのが好きな私には堪らなかった。にのみあさんのラップが謎にたどたどしく感じた。

 

8 DRIVE

 一塁側から車のフロートに乗って登場。曲名に合わせてドライブしている感じを出していた。車という狭い空間でメンバー5人がわちゃわちゃする姿はさながら桃源郷の様だった。ツアーが進むに従ってメンバーも慣れてきたのか、色々してくれて良かった。他には自撮りカメラを持ってその映像がスクリーンに映し出されていた。初日は映像が止まるなど公開リハーサルだった。車が小さいが故に車が目の前に来ている座席以外は置いてけぼり感が否めなくそこが残念だった。この演出はアリーナ規模の会場でした方が活かされるのではないだろうか?

曲中のCメロの「季節外れの打ち上げ花火祝福してる」の箇所では実際にバクステで花火の演出があるなど、曲とのリンクが考えられており総じて松潤が演出する曲の真骨頂を味わえた。ただ置いてけぼり感が残念(しつこい)

 

9 Step and Go

ダンスが魅力なこの曲がまさか「お手振り曲」になるとは…というのが第一印象。福岡で見た櫻葉コンビの恋ダンスが堪らなかった。翔さんがラップしてる時メンバーがふざけてるのが嵐らしいなと。

 

10 Don't You Get It

アルバムのリード曲がツアーの中盤で登場するのが、過去のコンセプチュアルなツアーとは一線を画す今回のツアーの肝だと個人的に思っている。

思いのほかがっつり踊っていてかっこよかった(小並感)

 

10.5 ミニMC

リーダーが次のソロのために捌けたのでここは4人だけのMC。「ここまで盛り上がってますね~」的な話をした後に、翔さんが「アルバム買ってない人はアルバム買ってください」という宣伝をして、各々自己紹介をして「あれ?一人足りないぞ?皆で呼んでみよう『大野!』」と言いながら4人が捌けるという流れ。

初日ではここがMCだと思い込んで観客が座り始めていた所、翔さん(記憶が曖昧)が「まだまだやりますよ。ここMCじゃないんで」と言っていた気がする。

毎回言ってることが大よそ同じなのが残念ポイント。

 

11 Bad boy

リーダーのソロ。シャワーを浴びてセクシーに髪をかき上げる映像からスタート。EDM風な曲に合わせてかっこいいダンスをするのだが、スクリーンの映像では口を押えたり変顔をしたりなど、ダメ男を演じているというコメディー要素も強い演出。初日に見た時は笑っていいのか分からず困惑したが、後のMCで「ふざけた」といった趣旨の発言があって安心した(笑)

サビでのステップが複雑なのに軽やかな足さばきで、これぞリーダーのダンスという印象であった。低音が強い楽曲であるがゆえにドームの音響設備ではかなり音割れしていた。

 

12 TWO TO TANGO

今回のアルバムの私の推し曲の1つ。リーダーが振り付けを担当したとパンフレットに記載あり。手をばたばたと動かす振りが多用されており、時計仕掛けのアンブレラとどこか繋がる振り付けである。翔さんのラップの時に他の4人が地面に寝転がる振り付けは圧巻であった。曲の最後には客席のペンライトが赤と青で二分されるのが、曲の印象とマッチしていて、この曲はとにかく映像で繰り返し見たいと思わせるような演出がなされていた。私の語彙力では素晴らしさを的確に表現できないのがとにかくもどかしい。

 

13 復活LOVE

TWO TWO TANGOから復活LOVEへの流れは曲間の切れ目を感じさせることなくシームレスに繋がっており非常に秀逸であった。曲の世界観も似通っていて、さすが松潤といった感じ。ワンハーフではなくフルだったので、「思いこんでは君の寂しさ(ry」の所を聞けて大満足。

 

14 青空の下、キミのとなり

なぜか定番曲に仲間入りしそう。。初日のアリトロでにのみあさんが目の前を通ってくれてこちらに向かって笑顔で手を振ってくれた思い出で2017年頑張れそう。

基本お手振りなんでこれ以上の感想はないが、大人めな曲とこの後の明るめな曲を繋ぐ橋渡し的存在なのではと思った。

 

15 ファイトソング

11月の東京から新たにセトリ入り。問答無用で盛り上がるよね。両手を挙げて「おい!おい!おいおいおい!」とやってしまう。私的には定番曲なんだけど、それでも盛り上がりに欠けている時もあって、少し悲しかった。札幌でもやって欲しかった…

 

16 Power of the Paradise

オリンピックの曲。演出がPopcornのCosmosと似ていた。旗をジュニアが振っているとこととかさ…。札幌はムビステで、それ以外はセンステで踊ってた。

あまりこの曲を好きでないからか、「まあ、うん。」以外の言葉が出てこなかった。

 

17 MC

私は声を大にして言いたい。後半の告知MCはいらない。つまらない。毎回言うことが同じ。それなら開演前のCMで十分。もっと色々なお話をしてくださいな。

 

長くなりそうなので後編に続きます。

 

2016年

えぇ~2016年12月31日になりました。

所謂大みそかってやつですね。

 

今考えると今年は色々なことがあった。良いことと悪いこと(どちらかと言うと悪い方が多い気がする)、出会いと別れ、そんな2016年何とか1年を完走することが出来た。

 

オタク関係でいうと就活中にも関わらずワクワク学校に行けたし、アリーナツアーは外れたけどもドームツアーは満足出来るくらいには行くことが出来た。

総括するとそれほど悪くないかな~と思っている。

 

来年からは社会人。どんな1年になるのだろうか。

嵐のリーダーである大野智がよく言っているが、「健康第一」で過ごすのが大切だと私は思う。過労死なんてしたくないし、しんどくなったら会社なんて辞めていいと思うんだ。

ワークライフバランスを大事にして、続けられる範囲でオタクを続ける。そんな1年に私はしたい。

 

P.S.

2016年私と関わってくれた方々へ

 

どうもありがとうございました。

2017年もお付き合いよろしくお願いします。

 

そうちんでした。

男性アイドルを応援する男性オタク

男性アイドルといえば、黄色い歓声を一身に浴びながらコンサートをするというのがパブリックイメージであるだろう。コンサートの始まりの暗転した時に沸き起こる歓声などまさにである。

そんな男性アイドルを応援する男性ファンというのも少なからず存在するのである。「もしかしてホモですか?」などと聞くのは野暮な質問極まりないのだが、notオタクな人から聞かれたことのある男性オタクは多いことだろう。

 

そもそも男性オタクはコンサート会場にどのくらい存在するのか?という疑問が私の中に長年あった。昨年のJaponismツアーの後半あたりから(おそらく)、コンサート冒頭の挨拶で、翔さんが「男性陣調子はどうだ?」と声出しさせるのが定番となっている。コンサートではどれだけ声を出しても、やはり女性の甲高い声に埋もれてしまうので、これは一男性オタクとしては嬉しいことこの上ないし、男性陣の野太い声を聞いて満足げな表情を浮かべる翔さんの顔が見れることもこれまたうれしい。

話が横道に逸れたので本筋に戻ると、コンサート会場にどのくらい男性がいるのかというと、やはり少数だなという印象を受けた。国民的アイドルと呼ばれるようになって久しいあの嵐をもってしても…である。*1

 

そもそも私が嵐と出会ったのはいつごろかというと、定かではないのだが2002年だと思う。その頃はテレビに出ている面白い人たち、という認識でしかなく、茶の間の一員として毎週のようにUSOを見ていた。そう、あの胡散臭さの塊の番組である。

そこから時を経て07年~08年辺りから嵐に夢中になった。新規ファンが一番多い時期に例に漏れず私は嵐ファンになった。

 

2012年にTwitterを始めたのだが、おびただしいほどの嵐垢に最初は戸惑いを隠せなかったのを覚えている。世の中にはこれほど嵐ファンがいるのか…と。かれこれ4年程度Twitterを続けているのだが、そこでは多くの出会いがあった。4年間の間に絡まなくなった人や、垢を消してオタクを辞めた人など様々だが、彼女たち彼らは一体何をしているのだろうか?とふと考える時がある。

 

ここからが本題なのだが、Twitterにいる男性オタクで、「あっ、この人苦手だな」と思う人物を目にする瞬間がよくある。それは自分が男であるにも関わらず男性アイドルのファンをしている自分ってすごいでしょ?というのが滲み出ている人物である。最近このような輩が目に付く。*2

アイドルを応援する気持ちに性別は関係ないと私は考えているし、そこで男性であることを強調することに、得も知れぬ不快感を覚えて拒否反応を起こしてしまうのである。男なのに部屋にこんなにグッズ飾ってるのすごいでしょ?ねぇ見て??というツイートなど最たる例ではないだろうか?こういった人物に限って薄いファンだったりするから笑止千万である。

 

ここまで散々批判してきたものの、このようなファンばかりで無いことは重々承知している。実際私が仲良くさせていただいてる(一方的に思ってるだけかも?)男性ファンには面白いやつもいる。いつもありがとう。

感謝の気持ちを忘れずにそんなフォロワーと仲良くしていきたいなと思うクリスマスの夜である。

*1:ただ札幌ドームだけは2日間参加したのだが、なぜか男性陣が多く少しばかりうれしかった。

*2:ある特定の人物を思い浮かべて書いてはいるが実際今まで何度も見た

企業紹介 ~金融系~

 

ninsk21.hatenadiary.jp

 

 

~金融編~

金融は大量採用で離職率は高めという印象だった。*1

そもそも総合職と一般職でまず格差があった。

言ってしまえば一般職は顔採用の色合いが濃いのだ。そして総合職の中でも、一括採用とコース別採用ではヒエラルキーが存在する。一括採用は使い捨て、コース別採用は幹部候補だ。

 

・三菱UF○信託銀行

信託銀行は支店が大都市に限られており、地方に転勤させられないだろう、という安易な気持ちで受けた。

この気持ちが見透かされていたのかはしらないが、一度面接してからは音沙汰が無かった。

面接はES提出後、面接解禁の6月より前に懇親会という形で行われた。金融業界ではよくあることだ。面接というよりは会話形式で進んだ記憶がある。

 

・みず○銀行

別名青色銀行。就活も最終盤の9月にESを提出した。

無謀にもコース別にエントリーしたのだが、連絡は来なかった。

恐らく予定人数に達していたのだろう。

 

・三○住○信託銀行

うちの大学のOBが多く在籍しているせいか、比較的熱心に勧誘していた印象を受けた。ここもリク面があって、一定回数こなすことが重要になってくるらしい。

「若いうちから大きな仕事を任せられるから鍛えられる」、「転勤があって、海外でも活躍できる」というフレーズを聞いて戦略的撤退を決めた。

 

・三○住○VI○Aカード

クレジットカード会社。リボ払いをやたら勧めてきて金利手数料を得る阿漕な企業(と勝手に思っていた)。

日本は決済における現金決済比率が極めて高く先進国にしては低すぎる。故に今後オリンピックもあり成長が見込まれる分野であり、新たな決済インフラを作り出すだけでなく、それに捉われない新たなビジネスモデルを構築する、という人事の説明にとても興味を抱いた。クレジットカード決済によって得られるビックデータってすごく価値があるらしい。そりゃそうだ(笑)

ただ実際行う仕事は企業への営業が多いのだとか…

選考のステップはES提出→GD→面接(4,5回)と超々オーソドックス。GDのお題は「新たな税金制度を導入するとしたら何を導入するか」で、10人1グループに分かれて議論を行った。人数が多いので埋もれないように注意した。

面接は最初の方はグループ面接で、質問内容も奇抜なものは無かった。

選考の時期は3月の終わりから始まりとても早い。面接官が皆タブレット端末を使って評価を付けたり、ESを見ているのが印象に残っている。

 

・日本証○金融

マーケットインフラ企業。

ホワイト

高給

安定

の三拍子揃った超人気企業。そもそも何をしている企業かというと、証券市場を活性化して、直接金融を支える役割を担っている企業である。

選考のステップはES提出→説明会→面接数回である。説明会でも手書きでESを書かされたのが印象に残っている。

隠れ人気企業なだけあって、かなり倍率が高く採用人数も少ない。

ここは人柄をよく見て採用を決めるようで、一度の面接で2人の面接官から別々に面接を受けるシステムだった。選考開始も6月からでリク面なども無いそうだ。

もしもここに入るだけの力があるなら、ぜひおすすめしたい。筆者は残念ながら内定はもらえなかった。

 

・日本取○所(通称J○X)

ここも上と同じくマーケットインフラ企業。例にももれず高学歴が要求される。

ホワイト

高給

安定

の三拍子が揃っていると言われている。

○○証券取引所を運営している企業であり、公共性が非常に高く、倒産することは向こう数十年は無いだろう…

選考のステップはES→面接(数回)である。ここで注意しておいてほしいのが、WEBテストの形式がヒューマネジメント社のものを使用しており、他の企業と比べると難易度が高く、珍しい形式であるため練習がしづらい。加えてESの締め切りよりも前にESの提出が締め切られるため、ここも要注意だ。

おそらく何を言っているのか分からないと思うが、ESを出した後に受験できるWEBテストの期限らしい。ここまででも全く持って何を言っているのか不明な方も多いと思うが、私も未だによく分からない。何を隠そう私はこの罠に引っかかり、エントリー出来なかった就活生であるからだ。残念で堪らない。

 

以上が金融編である。

金融はあまり志望しておらず、内容がマスコミ編と比べて薄いものとなった感は否めない。

次も企業紹介を行おうと思っている。

*1:主に銀行

企業紹介 ~マスコミ系~

 

ninsk21.hatenadiary.jp

 

前回は私が使っていたサイトを紹介したが、次に私が受験した企業とその感想などを書いてみたいと思う。

内定をもらったり、人数が少なく特定の恐れのある企業については言及していない。

 

~マスコミ編~

メディアと聞いて何を思い浮かべるだろうか?私は華やかで転勤が比較的少なく、高収入というイメージだった。

倍率が高く狭き門というのもこの業界の特徴の1つかもしれない。

 

・講○社

大手出版社の1つ。超を何個付けても足りないくらいの人気企業。今年は約3000人のESの提出があったそうで。この中で試験を受けられるのが2400人で、そこから面接に進めるのは700人くらいだった気がする。数字は曖昧だがとにかくこのくらいの人気。にも関わらず採用人数は20人前後という狭き門。入れる気がしない。

私はダメ元でESを提出して、試験を受けることが出来た。試験は独特で、付け焼刃で対策なんて出来ないものばかりだった。一番印象に残っているのが、ゲスの極み乙女の楽曲の一節を選ぶ問題だ。試験はSPI的なものの後に、企業が独自で作った問題、そして漢字問題、作文と盛りだくさんだ。試験対策としては普段から色々なものに興味を持つこと、そして時事問題対策をしておく、くらいではないだろうか。

試験に合格し面接に進んだが、他社の面接と被ってしまいここで辞退した。

 

・日本経○新聞

斜陽産業と言われる新聞業界の中で、電子版に力を入れたり海外メディアを買収したりしており、攻めてる印象のある企業。

選考ステップとしてはES提出→会場で試験を受ける→面接の流れだった。

ESの通過率は高めだと思う。試験は英語と計数理解と時事問題。どれも難易度は低めで、この企業を受けるレベルだと楽に解ける。

面接に進んだが他社の面接と被ってしまい、ここで辞退した。

 

・T○S

在京キー局。就職先として華のある企業の一つではないだろうか?私はわんちゃんあるかも?という極めて不純な動機で受験した。

ESは奇抜な質問とオーソドックスな質問が半々な印象。WEB上で提出できるのが、テレビ局にしては珍しかった。

面接は会議室ような所に集合して、その後順次グループごとに呼ばれて、ブースで面接する形式。周囲の学生は早慶ばかりでドン引きした(笑)

就活に対して私とは比べ物にならないほど意識の高い学生達だった。人生初の就活面接ということで、尋常じゃないほど緊張したおして案の定ここで敗退。

面接の回数が全部で7回くらいあった(気がする)から、たとえ通過しても負担が大きかったなと…

面接に辿り着くまでのハードルはそれほど高くないはず。。

同業他社と比べて募集時期が遅く、インターンでほぼ決まっているのでは?という噂もあったが真偽は定かではない。

 

。フ○テレビ

ここも在京キー局の1つ。

ESがとにかく奇抜で埋めるのに苦労した。なのにESで敗退した。

敗因すらよく分からないからこれ以上コメントのしようがないのだが、行けたら行きたかったな~と。

 

・福○館書店

キリスト系の出版社。ぐ○とぐ○シリーズなど絵本に特化している。ホワイトあんど高収入と言われている隠れ人気企業。とは言っても全く隠れておらず、東大が当たり前とからしく、学歴フィルターはかなり高いとの噂あり。

ESはオーソドックスであるが、課題絵本の感想文を書かないといけなくて、そこに苦労した記憶がある。

やはりと言うべきか、ESで敗退。

 

・FM大○

大阪にあるラジオ局。ラジオ局って実は結構年収高いらしいんですよね(小声)

「とりあえず履歴書送ってこい」というように、あまり採用活動に力を入れているとは思えなかった。

それなりに馴染みがありラジオっ子なので、その思いの丈をぶつけてみたものの不発だった。

 

・ぴ○

嵐オタクならワクワ○学校のチケットを購入する際にお世話になる企業だと思われる。

チケット販売はもとより、出版も行うなどエンタテインメント企業である。

応募の際にネット上で簡単なESを記入させられた後、選考によって選ばれた人のみが説明会に参加することが出来た。

場所は梅田の貸会議室で参加人数はかなり多かったので、最初は全通と言っても過言ではないだろう。

説明会の後に3枚ほどESをボールペンで手書きで記入させられたのが大変だった。面接対策としてこっそり写真を撮ったが、ここで落とされたので必要なかった。参加者の学歴が明らかに自分より下だったため、余裕だと思っていた分落ちた時は正直驚いた。

ESを書く分量が多い割に時間は少なく、全て埋めれない人もいるようだ。腱鞘炎になるかと思った。

 

・ジェ○ストーム

ジャ○オタならご存じのレコード会社。

この企業については後日別に取り上げたいと考えている。

 

以上がマスコミ編である。

マスコミだけでなくメディア関係の企業も含まれている。

札幌遠征してきたよ パートしっくす

ninsk21.hatenadiary.jp

 

~ここまで~

札幌最後の夜を満喫した

 

続きを読む

日曜の夜

学生や社会人は日曜日が憂鬱だろう。

ところがどっこい。私は月曜日は全休だから全く憂鬱ではない。

という話。